オスバンS(ベンザルコニウム塩化物液)の毒性、殺菌力、使用期限について

安い殺菌・消毒液ならオスバンSがおすすめ!

オスバンS、良い買い物をした!エタノールなくてもこれで消毒除菌OKじゃん!

でも、普段聞きなれない製品に、本当に使って良いものなのか不安。

パッケージ裏面を見ても、ホームページを見てもわからないことがあったので、くすり相談窓口 に電話をかけて相談してみました!

↓ オスバンSに関する記事はこちら

※ 聞き間違い、解釈の違いも考えられるので、気になる方はご自身でご確認ください

殺菌力について

私が気になったのは、「消毒殺菌液だけどコロナウイルスに効くのかな?」というところ。

気になったのはこちらの石鹸百貨の記事、ウイルスには効果がないというところ。

逆性石鹸は、ウイルスには効果がない?
逆性石鹸はプラスに帯電しているので、マイナスのものに引き寄せられます。そして細菌やカビは、マイナスに帯電するタンパク質やセルロースが主成分。そこへ逆性石鹸を近づけると、陽イオンが細菌やカビの細胞表面に強く吸着します。そして、タンパク質やセルロースを変質させて細胞の構造を破壊し、殺してしまうというわけです。
それは逆に言えば、細菌とは構造が根本的に違うウイルスには効果がないということ。ですから、インフルエンザやロタウィルス対策に逆性石鹸は使われません。

引用元:逆性石鹸とは何ですか? | 石鹸百貨

エタノールスプレーの方が良いのか、オスバンSが良いのかわからないからです。。

電話で確認してみたところ

菌やカビには効果があるものの、ウイルスには効果がない。が、エタノール等のアルコールに関しても全てのウイルスに効果があると言うわけではない。

とのことでした、残念。

と言うことは、「99%純粋」「ノンアルコール」「アルコール*%」近年色んなウェットティッシュが販売されていますが、ノンアルコールタイプのウェットティッシュはオスバンと同じベンザルコニウム塩化物が使用されているものを見ます。

ウェットティッシュで拭くとしても、ウイルスまでやっつけたいならアルコール配合を選ぶ必要がありそうですね。

↓ ウイルスや細菌に対する消毒液の選び方について調べてみました。

毒性について

逆に、今度は毒性について気になりました。

キッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウム)はウイルスにも効果を発揮するものの、ドアノブ等の除菌に使用した場合、しっかり水ぶきしないと強力すぎて危険です。

オスバンSは分類的には次亜塩素酸ナトリウム > エタノール等のアルコール > ベンザルコニウム塩化物液の抗菌スペクトルになっていたものの、手指についたままで大丈夫なのか心配になりました。

こちらは

手指用の希釈したものであれば、手指消毒後に水で濯ぐ必要はありません。

ということでした。安心。

残留について

赤ちゃん用品などで使用した場合、ベンザルコニウム塩化物がオモチャなどに残ってしまって危険性はないのかな?と気になりました。

上の「毒性」についてと被ってしまう内容ではあります。

こちらは

手指用に希釈したものであれば、大丈夫。しかし、拭いてすぐ顔や口に触れる可能性があり気になるのであれば、食器類の消毒同様、漬け置きしてから水で濯ぎを行うと良いです。

ということでした。

元々、手指用に希釈したもので拭いても安全面は問題なさそうでしたが、どうしても、と気になるのであれば漬け置き→水で濯ぐ、電子機器など漬け置きできないものはアルコールスプレーを、という感じですね。

開封後、希釈後の使用期限について

オスバンSの期限、すごーく気になりました。

パッケージ裏面にも何も記載がないので 笑

しかも希釈したものなんて、水道水混ぜてるんだから絶対期限短いでしょ!と気になったので確認してみたところ

ハッキリとはもうしあげられません。また、希釈したものに関してはその時に使いきるようにしてほしいです。「オスバンS」というわけではなく、ベンザルコニウム塩化物液の研究データ、ということでしたら1週間経過した段階でも成分的には問題なかったというデータがあります。

ということでした。

できれば、使用する度に使いきる、スプレーボトルに保管するなら1週間くらいで使いきると良いかもしれません。

色々確認して思ったこと

なんだか、煮え切らない回答でした 笑

当たり前ですが、100%ウイルスに効く、絶対に人体に影響はない、絶対に安全、保存環境に関わらず一生使える、とハッキリ言うと、後々トラブルになるのは目に見えています。。

ふんわり、としか情報は教えていただけませんでしたが、色々教えていただき助かりました。

ウイルスに効かないのは残念でしたが、ウェットティッシュが「アルコールタイプ」と「ノンアルコール(ベンザルコニウム塩化物)タイプ」に分けられているので、絶対にどっちが良い、ということはないのでしょうね。

うまく使い分けていこうと思いました!

以上、オスバンSの殺菌力、安全性、保存期間でした。

↓ クリックしてもらえると頑張れます

PVアクセスランキング にほんブログ村