Xiaomi BluetoothイヤホンRedmi Dotsの使用レビューまとめ!1,500円のクオリティじゃないでしょ、これ。

Xiaomi Bluetoothイヤホン

家事をするとき、3.5mmジャックを使用するイヤホンだとひっかかってうまく作業ができません。。

ジョギングする時も、ケーブルが邪魔で邪魔でしょうがないです。

今回は、人柱覚悟で中国で99.9元(約1,546円)で発売されているXiaomiのBluetoothイヤホンRedmi Dotsを購入したのでまとめました!

Redmi AirDots

Redmi Dotsのパッケージ

Gearbestで購入すると、届くまでに時間はかかりますが、安くで購入できます!

Gearbestで購入したので原価では買えず US $19.99、日本円にして2,172円でした!!

Redmi AirDotsの特徴について公式HPより引用させていただきました。(自動翻訳使用)

Redmi AirDotsは真のワイヤレスヘッドセットです。
つまり、左右のヘッドフォン間の接続が失われますが、体験はまだ簡単です。
Bluetooth 5.0テクノロジーが搭載されており、2番目に高速です。
ヘッドフォンを持ち込むだけで、AirDotsはすぐにショーを開始できます。
ヘッドセットは約4.1gの明るさで、3つのイヤホンモデルが装備されており、自由に調整できます。
1つのヘッドセットは4時間使用され、充電ボックスは約12時間使用されます。
多機能の物理ボタンを搭載し、誤タッチを効果的に減らし、音声制御をサポートしています。
ダブルクリックすると、携帯電話の音声アシスタントを起動でき、非常に便利です。
*携帯電話のサポートが必要で、音声アシスタント機能を開きます。

引用元:Redmi AirDots 真无线蓝牙耳机 参数 – 小米商城
Redmi Dotsの同梱物

Redmi Dotsの中身は

  • Redmi Dots本体
  • イヤホンゴムの替え
  • 取扱説明書

が入っていました。

ケースは触り心地よく、サラサラしています。

Redmi Dotsの携帯ケース

サイズはAmazonで発売されている無名のBluetoothイヤホンより少し小ぶりのケースでした。

格安Bluetoothイヤホンのサイズ

音質は価格以上!

音質は普通に良いです!

4,000円~8,000円程度のBluetoothイヤホンの音質はあるように感じます。

すみませんが、私はそれ以上の価格帯のBluetoothイヤホンとの差がもともとハッキリと感じられないので、何円相当とかは言えないです。。

もちろんヘッドホンと比べると、間違いなく、音質は悪いです。

バッテリー容量も十分!

ケースのバッテリー容量が300mAh、イヤホンのバッテリー容量が40mAhと少し少ないイメージに見えます。

しかし、AirPodsでも398mAhなので、Redmi Dotsは安いからバッテリーがもたない、というわけではないです。

使ってみると私は数日充電しなくても持っているので、そこまで少なくは感じていません。

ちょっぴり残念なポイント

何故かPCだけ時々音が飛ぶ

これはPCの性能の問題もあるかもしれません。

何故か、PCと接続した時だけ、何度か音が飛ぶことがありました!

スマホで使用している場合は、ゲームしていようが、音楽聞いていようが、ジョギング中の再生だろうが、リビングにスマホを置いてお風呂掃除などしにいっても途切れたことはありません。

相性の問題なのか、PCの作業負荷の問題なのか、時々飛んだのでPCのみで使用を考えている方は注意が必要です。

micro USBなところ

充電はmicro USB

ケースも、イヤホンも充電が始まると赤く光るようになっています。

Redmi Dotsの充電

Redmi Dotsの充電はmicro USBになっています。

さすがにこの価格でType-Cは難しいのかもしれませんね。

できれば、Type-Cであってほしかったなぁ。

Redmi AirDots の仕様について

Redmi Dotsの仕様についてまとめました。

製品モデルTWSEJ04LS
無線接続Bluetooth 5.0
BluetoothプロトコルHFP / A2DP / HSP / AVRCP
通信距離10メートル(アクセス可能なオープンスペース)
ダブルヘッドフォン連続聴取時間約4時間
ヘッドフォン待機時間約150時間
単一のイヤホンバッテリー容量40mAh
充電ボックスのバッテリー容量300mAh
ヘッドフォン充電時間約1.5時間
充電ボックスの充電時間約2時間
シングルイヤホン正味重量約4.1g
充電ボックスの総正味重量約35.4g
充電ボックスサイズ62×40×27.2mm
ヘッドホンサイズ26.65×16.4×21.6mm

十分すぎる性能で、絶対買いなイヤホンでした!

まとめると

  • ゲームや音楽で再生に関する遅延は感じない
  • 片耳だけの使用でも利用できた
  • ケースからイヤホンを取り出す、戻すだけでON/OFF可能
  • 外出中での通話は聞き取りやすく、相手にも声が届きやすい
  • 室内での通話は聞き取りやすいが、相手には反響した音まで届く
  • イヤホンのタップできる部分を押すと曲の一時停止等操作可能
  • PC、スマホでも簡単にBluetooth接続できる
  • バッテリーのもちは十分
  • スマホとイヤホンが結構離れても接続が切れることはない
  • 価格を考えると音質は十分(ヘッドホンには負ける)
  • PCと接続する時だけ、音飛びすることがあった
  • 充電はmicro USB使用

こんな感じでしょうか。

もし、家電量販店に並んでいて、視聴できたとしたら6,000円~8,000円の価格帯で販売されているんじゃないかな。と思いました。

防水性はIPX4とあったので、雨の日に使うくらいであればOKかと思います。プールや海ではNGです。

かなり良いイヤホンです。

Amazonで無名のBluetoothイヤホンを買うくらいなら、Redmi Dotを買った方が良いと思います。

Bluetoothイヤホンを持っていない方にはおすすめします!

以上、Xiaomi イヤホン Redmi Dotsの使用レビューでした。