AviUtl でファイルの読み込みに失敗する。wav、avi以外の動画ファイルをアップロードしているのでプラグインが必要です。

AviUtl 拡張子エラーで動画が読み込めない

AviUtlを使ってみようと意気込んだものの、動画ファイルをアップロードすると読み込みエラーが発生しました。

ファイルの読み込みに失敗しました。

このファイル形式には対応していないか対応するコーデックやプラグインが登録されていない可能性があります。

早速、つまづきました。。

試しに.mp4動画ファイルを編集しようとしたところエラーがでて読み込めませんでした。

AviUtl自体、2013年より更新が止まっているため.mp4などの拡張子に対応していないようでした。

以下、対応ファイルです。

  • 画像ファイル … .jpg や .png 等
  • 動画ファイル … .wav .avi

プラグインをインストールすることで対応できるようなので、インストールしていきます。

AviUtl にmp4動画などを読み込ませる方法

プラグイン L-SMASH Works ダウンロード

以下のサイトより拡張プラグインをダウンロードします。

私がダウンロードした時の最新版は “L-SMASH_Works_r935-2_plugins.zip" でした。

L-SMASH の説明については以下参照。

muken氏が L-SMASH Works 開発の一環として実装を進めている OSS であり、MP4/MOV/QT/3gp/3g2/F4V/M4A 等の L-SMASH 対応コンテナに格納された映像・音声データおよび libav / ffmpeg ライブラリ対応のコンテナフォーマットを AviSynth / AviUtl / VapourSynth で読み込むためのプラグインで構成されています。

引用元:L-SMASH Works r935 release2 | RePOPn

L-SMASHのzipファイルを展開する

L-SMASH Works 展開

展開するとゴチャっとファイルが入っていますが、必要なのは4ファイルのみ

  • lwcolor.auc
  • lwdumper.auf
  • lwinput.aui
  • lwmuxer.auf

Plugins フォルダを作成しプラグインを移す

AviUtlフォルダ内に “Plugins" フォルダを作成し、4つのファイルを移動させます。

これで、mp4などの動画ファイルにも対応したはずです!アップロードしてみましょう!

私の場合、読み込めるファイルと読み込めないファイルがありました。。(原因は4K動画のようです)

4K動画やFull HD動画を読み込ませる予定の方はこちらの設定も行ってください。

以上、AviUtlでファイルが読み込めない時に追加するプラグインの紹介でした。